初詣

昨日は初詣に行きました。

初詣と言えば、欠かせないのがおみくじですが、ちゃんと出かける前に「おみくじの作法」なるものをヤフーだったか何だったかで見たので、そのお作法通り、きちんと参拝してからおみくじを引きました。

おみくじって、参拝してから引くんですってよ!
知らなかった。
今まで、参拝までの行列の暇な待ち時間に引いていましたが、時間つぶしに引くとは、なんて失礼で罰当たりなことをしていたのでしょう。

でももうお作法も分かったので、まずはしっかり参拝です。
前の方が参拝されている間、張り出されている○礼○拍手○礼っていう「参拝の心得」なるものもしっかり読み、お辞儀と拍手の仕方を頭に入れて、自分の番です。

お賽銭をいれて願い事をしっかり念じて、間違わないように「参拝の心得」を見ながら参拝しようとしたところ、

<span style=”font-size:xx-large;”>最初の二礼でしっかり二拍手してしまったのはどうしてだろう。</span>

まあでも気を取り直して、おみくじです。
おみくじは、「おみくじの作法」によると「神の声」とのこと。
せっかくなので、参拝でお願いした願い事についての神のご返事をいただこうと思い、これだ!と思うおみくじを引きました。

神の声:

「末吉」

・・・・・・。

まあでも、あれですよ。
おみくじには、「失物」とか「商売」とか「学問」とか、いろいろな項目で神の声が聞けますからね。
願い事の該当する項目がよければ、大吉だろうが末吉だろうが凶だろうが、問題はありません。

早速、該当する項目を見てみましょう。

神の声:

「あきらめなさい」

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

神様?