いきなりステーキ

録画してたテレビ見たら、去年12月にオープンしたイオン常滑の特集をしてまして。

常滑って、「とこなめ」って読むんですけどね。
常に滑るって、受験生なら絶対に行きたくない気がする……。

このイオン常滑には、東海で唯一の「いきなりステーキ」の店舗があるのです。

なにやら結構並ぶらしい、立ち食いでステーキを食べるらしい、ということは聞いていたのですが、TVで案内していたところによると、2時間待ちとか。

 

みんな、そんなにステーキ食べたいんですかね?

1gあたり6.5円~15円ということで、お店で食べるにはたしかにリーズナブルですが、別にそんなに安くないですしね?

しかも2時間待ちですよ?

ありえないっていうか。

いきなりステーキ

しかも、安めのお肉は輸入牛ですしね。

国産牛にすると高くなるし、黒毛和牛にするともっと高くなるし。

黒毛和牛なんて、1g当たり15円、つまり100gあたり1500円ですよ?

スーパーで買ってもそんなものですよ?

調理してもらえるというのを差し引いても特に安いわけではないから、2時間も待って食べるなんて馬鹿らしいというか。

いきなりステーキ

 

おいしかったです。

 

いえ、待ち時間2時間ではなかったですよ?
さすがにね…2時間はね…。
ちょっとありえないっていうかね…。

なにしろ、12月のオープン直後に行きましたからね?
12月4日とかにオープンしたと思うんですけど、10日以内には行っていたはず。
しかも土曜日だか日曜日だかの、ただでさえ人が多い、お昼前の時間。

 

3時間半待ったさ。

 

もうね、なにしろ東海初の店舗ですよ。
立ち食いだから回転早いはずってみんな思っているわけですよ。

だから、30分経っても1時間経っても、誰も列から離れていかないという。

ちなみに、待ち始めたとき、列の最後尾は店の外どころかイオンの建物の外だったのですが、

30分経過 : まだ外

1時間経過 : ようやくイオン内。列が2往復に折り畳まれていることを知る。

1時間半経過 : いまいち列が進んだ気がしない。

 

やばいんじゃないか。

 

2時間経過 : でももう引くに引けない。

2時間半経過 : 疲れた。でもここで脱落するとこれまでの2時間半が無駄になる…!

3時間経過 : もう少しだ…。

3時間半経過 : こんなに待ったのに…こんなに待ったのに…脚が棒のようなのに……

 

立ち食いでステーキ食べるとか!!!

 

何考えてるんでしょうね?

普通のお店みたいにせいぜい15~30分待って食べるには立ち食いというスタイルもコスパ的にも悪くないと思うんですけど、3時間半はないなー。
いえ、おいしかったですけどね。

ちなみに、待ち始めて30分くらいは周りの人も余裕な感じでおしゃべりしてたんですけど、みんな次第に無口になっていましたw
でも何しろ「立ち食いだから回転早いはず」という思いこみと、東海初ということもあって誰もこんなに待つなんて知らないこと、その分30分待ってまだまだ列が長いから諦めるという選択が誰もできなかったことと、1時間以上待った段階で「今諦めるとこれまで待った時間が無駄になってしまう……!」という貧乏性的思考から待ち続けたことによって、むしろ3時間半を無駄にすることになるとは誰が予想できたでしょうか。
食べ終わったらイオンの中見て回ろうと思ってたのに、そんな気力もなくなってたし。

「今諦めるとこれまでの時間が無駄になる、もう引けない」感は、列に並んでるみんなからひしひしと感じたんだけど、なんだろうあの微妙な連帯感。

というのを、録画してたTV見て思い出したのでした。

みんな行けばいいじゃない。