上海万博 日本のロボット

この間、テレビを見てたら上海万博のニュースが流れてました。
日本館の紹介で映ってたのが、トヨタのロボット。
バイオリンか何かを演奏してました。
やっぱり、日本のロボット技術ってすごいね♪

……と思ったものの、やはり比類なきアシモ好きとしては、なんでアシモの映像を使ってくれないんだ!! と、思ってしまうのです。
だってだって絶対、楽器演奏するより、一輪車に乗るより、走ったり踊れたりするアシモの方がすごいと思うんだもの!!! <ひいき
一輪車は村田製作所のセイコちゃんだけど。
まさか、アシモ上海に行ってないとか??

走るのって、すっごくファジーなのです。
人間にとっては走ることはとても簡単な動作なので、アシモが歩いたり走ったりすることってあまり感動がないかもしれませんが、重心移動などファジーなことを制御してロボットが走ることって、難しくて、とてもすごいことなのです。

と、誰かが言っていました。

何がどうファジーで難しいかは、
知りません。
……とにかく難しいの!

まあ何が言いたいのかと言うとですね、今日も今日とてアシモはかわいい! ということです、はい。

いつの間にかモシモシアシモのケータイアレンジが最新機種に対応してたので、さっくりとタイプRからモシモシアシモに衣替えしました。
待受とかで、頭上から木の実が落ちてきて頭を直撃され、「!?」って感じでふるふるっと頭振ってるアシモが、この上なくかわいいのです。

ホンダのモシモシアシモの開発担当者と、お友達になりたい。
なりたいったらなりたい。