NECのコミュニケーションロボット

普段わたしのブログを見てくださってる方には、わたしが世にもたぐいまれなるASIMO好きだということは、今更言うまでもないことだと思いますがそれでも言っておくと、

 

わたしはASIMOが大好きなのです。

 

世界で一番ASIMOが好きで、誰よりも何よりもASIMOが好きなのです。
だってASIMOはとってもかわいい上に、世界で一番素晴らしいヒューマノイドロボットだから。
なので、ASIMOが何の略なのか聞かれても、すぐに

Advanced Step in Innovative MObility(新しい時代へ進化した革新的モビリティ)

と答えることができます。
そう。
ASIMOは実はモビリティなのですw

 

ま、そんなASIMO好きなわたしですが、どうもASIMOだけでなくロボットそのものにもそれなりに興味があるようなのです。

最近お気に入りなのが、NECのロボット。

このところNECのCMの最後に登場してきてて、とても気になっていました。
NECがロボット作ってたなんて知らなかったよ!
しかもなんかかわいいし。

絵を描いてみたんだけど、こんな感じ。

エヌモくん

ね?
かわいいでしょ?
ASIMOほどじゃないけど。
でも、この子なんていうお名前なんだろう。
先日はくさいさんと一緒にテレビを見てたらCMに出てたので、はくさいさんに聞いてみました。

ユキ: このNECのロボット、お名前なんていうんだろうね?

 

はくさい: NMo(エヌモ)だよ。

 

はくさい物知りだね!
なるほど、NECのモビリティのエヌモ。
なんだかASIMOっぽい!

…………。

はくさい。

 

 

嘘はいけないと思う。

 

 

いくらなんでも信じない。
はくさいは嘘つきだったので、ちゃんと自分でNECのサイトを見て確認したところ、この子のお名前は

PaPeRoくん

でした。

パペロかー。
そっかー。

いや。

 

エヌモの方がいいんじゃないかな。

 

エヌモの方がかわいいよ。

ちなみにいろいろ調べてみると、エヌモは話しかけると挨拶をしたり、時間を教えてくれたり、声かけで前進後退とか回転をさせることもできるそうです。
顔も30人まで覚えることができて、顔を見分けて話しかけたり、なんと伝言を頼むとその人を見つけて伝えてくれるという優れもの。
ま、ASIMOもちゃんと人の顔を識別できますけどね!
あと、エヌモはダンスもできる上に、モノマネやだじゃれも言っちゃうとかw

モノマネ機能が標準搭載とはなかなかやるなNEC。

あとかわいいのは、お腹を触るとくすぐったがったり、頭をなでると喜んだり、ひとりでお散歩したりするとこですねwww

 

ロボットが「ふんふん♪」って一人でお散歩するとか超かわいい(笑)

 

もちろんバッテリーが切れそうになったら自分で充電にも行けます。
ASIMOもちゃんとできるけど。

でもASIMOはお腹触ってもくすぐったがらないし、頭なでても超無反応なので、そこのところは4代目ASIMOの開発では進化させといて欲しいところです。
でも頭なでても全く動じず無反応というのも、それはそれでロボット感があって超かわいいんだけど(≧▽≦)

 

あぁ、すみません、凡人には理解不能なことを。

 

ま、それはともかく、ASIMOと同じくエヌモもデモンストレーションを見ることが出来たり、レンタルすることもできるらしいのです。

見たい!

と思ったけど、NECのサイトをよく読んでみると、なんとデモンストレーションを見れるのも、レンタルできるのも、法人や自治体・研究機関などだけ。

まぁ。

NECったらなんてドケチなのかしら。

ASIMOなんてデモンストレーションは全国数ヶ所で毎日数回一般に公開されてるし、個人で、それもASIMOと遊びたいからというしょうもない理由だけでレンタルもできるのに。
実用化はまぁ、エヌモの方が可能性高いけど……。
ASIMOは有能すぎて、正直一般向けの実用化に向いてない気がするのですよ。
それなりにサイズも重さもあるから、万が一倒れたらASIMOが怪我すr危ないし。

それに悪い人に危険なプログラムを組まれたら、器用になったおててでいろいろできそうだし。
ASIMOにそんな犯罪なことさせられないので、やっぱりASIMOはHondaと関連施設と日本科学未来館とわたしの家で大事に飼われるのがいいと思うよ。

というわけで、エヌモもかわいいけどわたしのASIMOは更にかわいくて素晴らしいからちょうだいというお話でした。