ASIMOはとってもすばらしいというお話

昨日はkazuRさんの呼びかけでドラミの臨時ミーティングでした。

この日は、インテR乗りの迷い猫さんもいらしてました。
そして迷い猫さんとti-daさんとお話しているときに、インテにSサイズアシモくんがいることを発見したのです。
嬉しくなって「アシモがいるよ!」とti-daさんに言うと、なんだか温かい笑顔で頷いてくれたんですけど、どうしてでしょうね?

でもよく聞いてみると迷い猫さんは他にもぬいぐるみアシモくんを乗っけているとか。
さらに嬉しくなって、車を開けて見せて貰うと、後部座席にはたくさんのアシモとスヌーピーが!
アシモは初代Mサイズアシモくんが2匹と、初代パペットアシモくんが1匹いました。
かわいいかわいい!
初代Mサイズアシモくん初めて見た~(≧▽≦)
とってもかわいい。

迷い猫さんもASIMOが好きということで、その後はずっと一緒にお話しちゃいました。
ずいぶん長くつきあわせてしまったのですが、ASIMOのことから派生して、基礎研究がいかに大事かとか、いろいろな分野の研究はつながっていないように 見えて実はつながっている、あるいはつなげていくことができる、だから視野を広く持つのが大事、国はもっと基礎研究に予算を取るべき、とかという話で盛り 上がっていました。
それから疑問を持たなければ発見もないので、「なぜだろうと疑問を持つ」ことの大事さとか、さらにそこから深まって、今の教育では「なぜだろう」と思って自分でその理由を考えるということが全然身につかないこととかまで話してました。
ネットで答えっぽいものがたくさん転がっているというのもありますしね。
という感じで、とても楽しい話ができました。
迷い猫さん、ありがとうございました♪

ちなみになぜ基礎研究の話になったかというと、ASIMOが基礎研究そのものだからです。
この間の新型ASIMOの発表のときのTV番組のコメンテイターの発言とか、ネットでの評判とか見てると「ASIMOはただの企業アピールのための道具」、「エンターテインメント目的のロボットで実用性がない」と言われることもあって、

みんな分かってないなー

と思っていました。

人型ロボットの研究開発というのは、人間の研究そのものなのです。
音声・言語認識もそうだし、二足歩行で歩くとか走るとか、ケンケンするとかジャンプするとか、人の動きを模してロボットを動かすには、人の動きを理解しないとできないのです。

目の前の物をつかむ、という行動一つとっても、人間は赤ちゃんの時期を過ぎればごく簡単にできますが、ロボットにさせるのは大変です。
なぜならかなり多くの処理をしないといけないからです。

雑然とした背景から目的の物の輪郭を把握する、というところからして大変です。
網膜に映った像は2次元の平面なので両眼視によって3次元で理解しなおさないといけないし、さらに目の前のそれぞれの物の素材や色の違いなどを手がかりに、目的のものとそれ以外のごちゃごちゃした物を区別しないといけませんからね。
さらにその対象との距離を把握する、手を動かす角度、距離、スピードなどを調整する、実際にその対象に向けて手を移動させる、その移動の際の力加減、目と手の協調、物をつかむときの指の角度、力の入れ方、その他いろいろ。
ものすごくたくさんの処理が必要です。
しかもその動作の間中、目的の方向と位置に向けて手をきちんと動かしているかモニタリングしながら微調整していきますからね。
その処理たるや、膨大なプロセスが含まれていることでしょう。

人も生まれたときからこれを無意識でできるわけではなく、赤ちゃんのときには目的の対象物にしっかり手を持って行ってつかむというのに試行錯誤します。
だからときどきちょっと空振りしちゃったりとか。
これがまたかわいいんだけど。
そして何度も何度も失敗したり成功したりと経験することで脳が学習して、自然にそういうことができるようになるのです。

でもロボットには、そういった学習をプログラムによって習得させないといけません。
そのためには、脳が無意識に学習している知覚的、行動的な仕組みをプログラミングする人が理解してないといけないのです。
そしてこれを理解していく過程が基礎研究というものなのです。

だから、ASIMOはただケンケンしたりジャンプしたり、聖徳太子のように複数の人の話を聞き分けて「すごいでしょ~、かわいいでしょ~」と見せるためだけのロボットではないのです。
ケンケンやジャンプ、複数の人の話の聞き分けは、言ってしまえば、人間の認知や行動の研究を通して得られた成果が形として現れただけのものです。
つまり、ASIMOが世界最高のすばらしいロボットであるのは、そんな基礎研究の成果が凝縮されている、それだけのことをさせられるほど人間の認知行動を研究している、という証だからなのです。
断じて、ただの企業アピールやエンターテインメント目的に大金を投じて開発しているわけではありません。

もちろんASIMO自体が人間の生活の中に入っていろいろな仕事をこなすには、超えなくてはならない技術的ハードルがまだまだたくさんありますが、Hondaは既にASIMO開発で培った技術をバイク、歩行アシストシステムなどに応用しています。
すでにMotoGPを走るバイクには、ASIMO開発で培った技術を応用した姿勢制御システムが搭載されていますね。
歩行アシストも結構な完成度らしいですが、実用化が楽しみです。

というわけで、結論としては

どこからどう見てもASIMOはすばらしい

ということなのです。
しかもかわいいんだよ!
最高。

今日もなんだか頭いいっぽいこと書いたね!
さすが知的なわたしですね。

ちなみにそんな知的なわたしは、東京モーターショー2011でドラミメンバーのために買ったおみやげを、

予定通り家に忘れました。

おかしいなぁ。
なんでだろう。