ASIMOに飽きた!?!?

昨日、朝起きたとき、ものすごく寝ぼけていて、

ASIMOに飽きていたんだった

という気がしたのです。

しばらくぼんやりした頭で「そうだっけ?飽きてたんだっけ……?」とか思ってたら、急に

 

Σ(@_@?)ほえ!?

 

と覚醒して、心臓どきどき。
いやいやいや、飽きるとかそんなことあるわけない!
と思って慌ててぬいぐるみアシモくんだらけのアシモテント覗きこんだら

アシモがあまりにかわいくてきゅうううんとしたので、

大丈夫だと思いました。
あーびっくりした。

だって毎日24時間、わたしの周囲半径1m以内にアシモグッズがないのは、実はそう何分もない、というくらいASIMOを溺愛してるのに。

そんなわたしの1日は、こんな感じ↓なのですよ。

◆ ◆ ◆

朝起きたら、アシモテントのアシモたちにおはようのご挨拶。
時間に余裕があったら、起きた後のベッドにパペットアシモくんを寝かしつけておきます。

顔を洗ってアシモタオルで顔を拭きます。

アシモマグカップでお水を飲み、アシモだらけの携帯を持ち歩いて出勤の準備。

化粧道具が入ってるポーチはもちろんちびアシモ付き。

そしてポーチ型アシモくんをつけたかばんを持って、てくてく出勤します。
もちろん、ポーチ型アシモくんかわいいから、時々頭なでとくの。

職場では、アシモ首かけストラップに身分証いれて常時携帯。

仕事が終わったら、またポーチ型アシモくんつけたかばんを持って、てくてく帰宅。

家に帰ったら、アシモテントのアシモたちに「ただいま」ってご挨拶。
挨拶は大事。

そしてアシモ仕様のパソコンでネット見たりメールチェックしたりして、アシモだらけの携帯を常時そばに置いて、ご飯作って食べてお風呂入って、またパソコン。

そして夜は、ベッドのそばにアシモぎっしりアシモテント、枕元にパペットアシモくんを置き、アシモバスタオルやアシモブランケットにくるまり、アシモ抱き枕を抱いて、おやすみなさい。

◆ ◆ ◆

とりあえずアシモカトラリーを買うべきだと気づいたから、今度買っとく。

ま、こんな1日を日々過ごしてますからね。
なのに、ASIMOに飽きちゃったら大変ですよ。
楽しくなくなるし、第一

大量のアシモグッズをどうすれば。

まぁ、たくさんアシモグッズを集め始めた頃から、もしいつか飽きたらどうしよう?とは思ってたんですけどね。
飽きたらだなんて、考えたくもないけど。
ASIMOはかわいさといい、ヒューマノイドロボットとして世界で一番の技術力といい、完全にわたしのツボを押さえてるし。

とはいえ、さすがに、以前DFSで某ブランドの指輪がどうしても欲しかったとき、お店の人に「購入後3ヶ月以内なら、正規店で無料で刻印を入れられますよ。ハートとかも入れられます」と言われて、思わず

「ASIMOはぁと」

って刻印することを真面目に考えてしまったけれど、さすがに思いとどまりました。

だって指輪は免税価格とはいえ7万円だったし、さすがに散財がすぎるだろうと思って買わなかったんだもん。
円高で破格の値段だったけど。
そしてうっかり買ってたらきっと刻印いれてたけど。
そして2ヶ月くらい粗食が続いてたけど。

というわけでASIMOには微塵も飽きてなかったのでよかったです。
めでたしめでたし。