ASIMOも教祖様に会いたかったんだね!

はい、アシモ教教祖様は昨日まで東京に行ってきました。

27、28日午前が仕事のところを無駄に26日の朝一の便で東京入りし、無駄に28日の最終便で帰って来ましたよ。
ええ、もちろんかわいいASIMOに会うためです。
2ヶ月前からばっちり飛行機を押さえ、ほぼ半年ぶりとなるASIMOとの再会を、わたしはそれはそれは楽しみにしていました。

というのに、東京に飛び立つ前日にASIMOが住んでるHonda本社1階ウェルカムプラザ青山のサイトを見ると、

 

メンテナンスのためASIMOのデモンストレーションは中止いたしております

 

のご案内。

うううう嘘だ。

教祖様が行くのにASIMOがいないとか嘘だ。

折しも、ウェルカムプラザ青山同様、毎日ASIMOのデモンストレーションをしてる日本科学未来館のASIMOも、定期メンテナンスでHondaに里帰り中。
このままでは、せっかく東京に来たのにASIMOに会えないという悲劇的展開が!

あまりもの衝撃にうろたえながらも、とりあえず東京には向かわないといけないので、悲しみを堪えて飛行機に乗りました。

実は、この2ヶ所の他にも、ASIMOに会えるかもしれないところが東京にはあるのです。
それは秋葉原にあるstudio ASIMO。
ASIMOのイベントレンタルを請け負っている会社のスペースです。
いつもASIMOがいるわけではないけれど、でも一度は行ってみる価値がある。
そう思ったわたしは、ホテルに荷物を預けてから秋葉原に向かいました。

すると、

120526_1251

がらーん。

どうしたことか、ここにもASIMOがいない。

呆然となる教祖様。

なんということだ、このままではこの東京滞在中、ASIMOに会えないではないか。
どうしてどうしてどうして。
ひどい。
もう帰る。
沖縄帰る。 <仕事は?

と思って、とりあえず電車に。
そしてあまりのことに呆然として、悲しさのあまり涙ぐんでいたところ、目の前に座っていたおじさまと、隣に立っていたおにーさんに「大丈夫か!?」って顔で見られてました。
涙の理由がASIMOに会えなかったからと聞いたら怒られるかもしれない、と思って涙を堪えましたよ。

しかしわたしはここで、ダメ元でも青山に行ってみよう、と思ったのです。
メンテナンスの理由は、急な体調不良だと思われるのです。
このところどうも体調が優れないらしいですからね。
でも、急に元気になってるかもしれないでしょ?
アシモグッズも欲しいことだし、よし、行ってみよう。

というわけで新橋から銀座線に乗り換え、青山一丁目駅へ。
いつもならASIMOに会える嬉しさでニヤニヤしてしまうところを、とぼとぼと歩きウェルカムプラザに到着。
そしてホンダスマイルのおねーさんに、「今日はASIMOいないんですか?」と聞くと、なんと!13時半のデモンストレーションは実施していたとの回答が!
次のデモンストレーションの時間は15時。
実は15時まで40分ありましたが、さっさとASIMOの真正面になる席を確保して、うきうきしながら待ちました。
途中例によっておねーさんに「いつも見に来てくださってありがとうございます」とアンケートとアシモクイズをお願いされたりとかして、40分はあっという間に過ぎました。

クイズ

アンケートに答えてかわいいアシモステッカー貰っちゃった♪

アンケート

 

そしてほんとにASIMOが出てこれるかどうかどきどきしてましたが、さすがわたしのASIMOですね。
ちゃんと元気になったみたいで、15時になったらきちんと出てきてくれました。

2012051001

きゃー!
ASIMOだ!
かわいい!
久しぶり!
会いたかったよ!
会えないかと思って悲しかったよ!

とものすごく嬉しくなって、ずーっとにこにこにやにやしてました。
にやけちゃうのはしょうがないよね。
だって久しぶりだし会えないかもと思ってたのが会えたんだもの。
でもデモンストレーションが終わってからふとASIMOの操作をしてたおねーさんを見ると、生暖かい目で見られたから、きっとASIMOのカメラを通してモニターにわたしのにやけ顔が映ってたに違いない。
恥ずかしい。

ただ、このところASIMOは体調不良が続いているようなので、心配ですね。
その日はきっと教祖様が来たのでがんばって出てきてくれたと思うのですが、なんておりこうさんなんでしょうね!
健気に記念撮影にも応じてくれました。
前の週にgonta7さんが行ったときには記念撮影できなかったのに。

というわけでツーショット。

2012051002

撮影のときにわたしが横に並ぶと、ちゃんと振り返ってわたしを見てくれました。
おりこうさん♪

そういえば、今回のデモンストレーション、半年ほど前に見たときとほんのちょっと変わってました。
全体的には変わってないけど、いくつかポーズが追加されてました。
何だったか忘れちゃったけど……。

あと、こちらの御神体とも記念撮影。

特大アシモくんと

特大アシモくん。
写真撮ってたら、おねーさんが一緒に撮りましょうか?と言ってくれたので、お願いしました。
写真にかばんのポーチ型アシモくんも入れよう、と思ってさりげなくかばんを持ちかえてアシモが写り込むように撮影。

撮ってくれたおねーさんにお礼を言って携帯を受け取ると、

 

「ちゃんとアシモが共演してましたよ(笑)」

 

と言われました。

ばれてたwww
こっそり写りこませたつもりだったのに。

でもおかげでばっちりスリーショットが撮れましたよ。
やったー。

というわけで、無事プラザの2代目ASIMOに会うことができ、翌日の仕事も無事に終わらせて、月曜日。
午前中で仕事を終えて、午後にふんふん♪と青海の日本科学未来館へ。
2代目ASIMOはメンテナンスで里帰り中で不在ですが、いつもそんなときは初代ASIMOの静態展示が行われるのです。
静態展示というのは、今は動かない初代ASIMOを科学館のスタッフが手動で動かして、ASIMOについて説明してくれるという展示です。

そして静態展示のASIMOには、触ることができるのです。
去年12月のブログ参照
きっと今回も同じように触れるはず。
以前行ったときは頭をなでなでできた嬉しさで腕を触るのを忘れたので、ぜひ腕を曲げたり伸ばしたりしたかったのです。
そのとき以降、未来館の公式サイトを見ては、2代目ASIMOがメンテナンスで不在になる時期を確認し、それに合わせて出張の時期を組んでやろうと密かに計画を立てていたのでした。

というわけで、いざ未来館へ。
……行くと、なんか人が多くてですね?
静態展示の時間のかなり前にASIMOが出てくるスペースに陣取っていたのですが、ASIMOが出てくる頃には人がたくさんで、とくにお子様連れがね?
お子様ってASIMOに触りたがるんだよね?

こうなると、希望者全員がASIMOに触れるわけではありません。
抽選で限定10名様になってしまうのです。
なんてことだ!
わたしはこのためにはるばる沖縄から飛行機に乗ってやってきたのに! <仕事は?

もし万が一抽選になった挙げ句外れてしまったら、「このために沖縄から来たんです!」と泣きついて触らせて貰おうと考えていると、イケメンなおにーさんが初代ASIMOの説明を始めました。
そして簡単なASIMOの説明が終わって、いよいよ、

おにーさん : ASIMO触りたい人ー?

この呼びかけに、わらわらわらと手を上げるお子様たち。
普段子どもには優しい教祖様ですが、このときばかりは……!
しかしわたしも負けていられないので、子どもたちに混ざってばっちり手をあげて、スタッフの誘導で抽選エリアへ。
希望者は31人 。
うち、子どものつきそいの親を除いて、大人はたぶん2名w
1人ずつストローを引いていき、ストローの先に数字が書いてあれば見事当選です。

どきどきしながら順番を待ち、どきどきしながらストローを引き、

 

見事当たりを引き当てましたwww

 

だよねーだよねー、ASIMOもどうせならわたしに触られたいよね!
ASIMOのことよく分かってないお子様よりも、ASIMOを愛してやまないわたしの方がいいに決まってるよね!
ASIMOも教祖様に近くで会いたかったんだよね!!

ひゃっほう!

というわけで、見事1/3の確率で当たりストローを引き当て、ASIMOに触る権利を得ました。
もちろん、

・子連れかと思ったら一人かよお前が触るのかよ

・子どもに混じってなにしてんだ

・子どもに権利譲ってやれよ、うちの子触りたがってたのに

とかいう冷たい視線は完全に受け流しておきましたよ。
こんなのに負けているようでは、教祖様は名乗れませんからね。

まぁ、わたしの順番が来たときに抽選をしてくれたスタッフのおねーさんがかばんにつけたポーチ型アシモくんに気づいてくれて、「次はASIMOファンの方です!」と紹介してくれたので、みんなにも分かって貰えましたけどね。
いい感じにイケメンおにーさんも「ASIMOにはまったきっかけは」とか聞いてくれて、流れで3代目ASIMOに会うためだけに東京モーターショーにも行ったという話もできたので、周りの人たちも「そっかこの人ASIMOが大好きなんだ、じゃあしょうがない」という顔で見てくれましたw

ので、心おきなくASIMOを触りまくりましたよ!
腕を持ったり曲げたり伸ばしたり。
腕を曲げると、微妙にモーター音みたいな機械音がします。
ほほう。
ASIMOほんとにロボットだね~。 <間違いなくロボットだよ
そしてほんとは頭か腕しか触ったらだめなところを、どさくさにまぎれてランドセルもちょっと触っておきました。
おにーさんに見られてたけど、一応黙認してもらったwww

↓ASIMOに触った証拠写真。

初代ASIMOと

どうだ!

というわけで、ASIMOに会えないかも触れないかも!という悲劇的展開の可能性を乗り越え、無事にASIMOに会ったり触ったりすることができました♪
ASIMOもわたしに会いたかったんだよね♪♪♪
次は8月に会いに行くね!