日本科学未来館

今日の日記は、日本科学未来館が楽しかった、というだけのブログです。
最後まで読んでもオチはありません。

それでもよければどうぞ♪

————————

科学が好きなのです。

日経サイエンスを3年契約(39000円!)で定期購読するくらい科学が好きなのです。

好みの芸能人は?と聞かれたら、ホンマでっかTVに出てる武田先生と池田先生と澤口先生と即答するくらい科学が好きなのです。
この3人を芸能人と言っていいか分からないですが……。
でも、自分の専門分野のことを一般の人にも分かりやすく、しかもおもしろく説明できるなんて素敵すぎる。

という感じで科学が好きなわたしは、先日東京に行った際、お台場の近く、青海にある日本科学未来館へ行ってきたのです。
もちろん最大の目的はASIMOに会うことでしたが、未来館は地球環境、生命科学、情報科学、技術革新の4つをテーマにした常設展示があり、それを見るのも楽しみにしていました。

まずは3Fにある情報科学のコーナー。
見るだけでなく参加型の展示だったり、実際に触ったり使ったりすることができる展示もあって、面白かったです。

情報科学が発展した未来の家庭をイメージしたコーナーでは、リビングの照明やテレビなどをテーブルと一体化したリモコンで操作することができます。

もんもリモコン

テーブルがモニターのようになってて、ipadとかスマートフォンを操作するようにモニターに触れることで照明を調整したり、テレビをつけたりなどの操作ができます。
おもしろい!

これは未来型扇風機。

扇風機

センサーのついている○×の書かれたパネルに扇風機が反応します。
扇風機に○の面を向けたらon、×の面を向けたらoffです。
○のときはパネルを持ったまま人が移動すると扇風機の向きもそれを追って変わります。風を当てたいところに自在に扇風機を向けることができるという優れもの。

参加型のコーナーはこんな感じ。
名前を入力してログインするとこがあって、入場すると個人を識別する「ミー」という謎の存在が足下に。

アナグラ1

どこまで歩いてもついてきます。
子どもたちがとても楽しそうに走り回ってました。
そしてこのミーといろんな装置を回ることで個人の情報が蓄積されていき、最終的にその情報が歌になります。

アナグラ2

声を入力する装置もあったので、たぶん、歌はその人の合成された声で歌われます。
ログインするとき、名前をユキにするかアシモにするか迷ってユキにしてしまったのが残念。
アシモの歌が出来たらネタになったのに。
でも、知らない間に情報が蓄積され、利用されるという、便利だけどちょっと怖い情報社会への気づきを促している感じがしました。

そして「零壱庵」というスペースでは、こういう↓直線的に配置された電球が不規則っぽく光ってて、

目の錯覚

何が何なのかという感じだったのですが、流し目をするようにこれを見ると、あら不思議。
◎などの記号が見えます。
これ、実際に見るとかなり面白いです。

透明マントもありました。
肉眼で見ると左のように普通に見えますが、あるレンズを通して見ると、右のようにマントの後ろが透けて見えるのです。

透明人間

おもしろいおもしろい!

5Fに移動して、宇宙と空間のスペース。

何よりテンションが上がったのが、「空間と時間への挑戦」のコーナーです。
このところニュートリノとか時間とか宇宙の膨張とか量子力学とかがかなり自分の中で楽しいのです。
今ニュートリノが光速を超えるのかとか、時間とは何かとか、それから宇宙物理学全般について分かりやすくしかも楽しく語られたら、惚れます。
理系の友達が欲しい!

スーパーカミオカンデの1/10模型。

スーパーカミオカンデ

中に入ると、装置がニュートリノを捕捉したっぽくライトが光ります。

スーパーカミオカンデ2

無駄にうきうき。
壁面に描かれた数式とか見て、かなりテンション上がってましたw

スーパーカミオカンデ4

ちなみに、意味はさっぱり分かりません。
物理はこの上なく専門外なのです。

それから、生命科学スペース。

医療コーナー

ロボット手術を体感するコーナーとか、個々人の遺伝子型に合わせて薬を処方してみるコーナーとかがあり、単に見て楽しむだけでなく参加したり考えたりするコーナーが結構充実してて楽しかったです。

薬

という感じで、未来館はとっても楽しめました。
常設展示だけでも大満足。
これが600円だなんて安い!

と、友達に感動を語ったのですが、いまいち共感してもらえませんでした。
こんなにおもしろいのに。
スーパーカミオカンデの模型とか、わたし、一人で超楽しくなってたのに。

えぇ、一人で行きましたよ?

一人で来てる女性というのは他にいなくて、ほぼみんな家族連れか友達連れ、カップルでしたけど、平気ですよ?

寂しくなんか、ないもん。