科学

AIBOに噛まれて、深海カニ見て、宇宙食買ったよ in 日本科学未来館

先日日本科学未来館にASIMOに会いに行ったわけですが、今回はASIMOだけでなく他にもいろいろと見てきました。
まずはAIBO。
4/28の午後のASIMOのデモンストレーションの前に、ロボットエリアのステージでAIBOがうろうろしていたのです。

0428アイボ

むっ!
ここはASIMOのステージなのに!
と思ったけど、よく考えたらASIMOはステージには登らずに、ステージの下のスペースでデモンストレーションをするので、「じゃあいいや♪」と思いましたw

などということを思ったせいなんでしょうね。
AIBOは触ってもいいようだったので頭をなでたりして遊んでいたら、

かぷっ!

と指を噛まれました。
くそー。
犬め。
同じロボットでも、ASIMOは噛んだりしないんだからね!<お口ないしね。

というわけでAIBOとは仲良くなれませんでした。
でもかわいかったw

そして翌日の4/29。
Mottoさんがだいぶ久々に未来館に来たというので、ASIMOのデモの前後に一緒に館内を見て回りました。
ASIMOがいる3階のフロアをちょっと見て、5階の宇宙とか人体とか深海とかについて学べるフロアへ。
深海のエリアで、水槽でじっとしている白いカニさんを発見。
そういえば未来館のフェイスブックで深海ガニの名前を募集(投票)してたなーと思いつつ、Mottoさんと「どーして深海のカニがここ(地上)で暮らせる のかな?」、「加圧してるんじゃない?」などと話してたら、近くにいた科学コミュニケーターさんが声をかけてくれました。

科学コ: これ、ユノハナガニっていうんですよ。

ユキ: どうして深海のカニがここで生きられるんですか?

Mottoさん: ここ加圧してるんですか?それとも1気圧?

科学コ: 加圧はしてないです。深海の生物でも、自分の意思でゆっくり浮上してこれば、体が慣れて(<だったかな?)地上でも暮らせるみたいです。

ユキ: へー! すごいすごい!!(≧▽≦)

ユキさんここでムダにテンションが上がり、科学コミュニケーターさんは嬉しそうに聞いてきます。

科学コ: 深海お好きなんですか?

ユキ: いえ全然(きっぱり)

科学コ: …………。

ユキ: あ(汗) フェイスブックでユノハナガニのお名前募集してたなーって思って、これがその子なんだーって思って見てたんですー。

科学コ: あ、なるほど!(笑) 
      そういうことだったんですね!
      投票したんですか?

ユキ: いえ、してません(きっぱり)

科学コ: …………。

すみませんすみませんすみません(汗)
でも心優しいコミュニケーターさんは、ユノハナガニの脱皮した殻を見せてくれました。

0429ユノハナガニ

左奥に写ってるのが、水槽の中で生きてる本物のユノハナガニ。
手前のガラスに半分埋もれてるのが、脱皮した殻。
触らせて貰うことができました。

で、気になるのが、この殻の中身がいったいどうなってるのか、ということですよ。
何か詰め物でもされているのか、それとも空っぽなのか。
ユキさん何気に衝動性が強いので、

甲羅の真ん中を押してみたい……!!!

という気持ちでいっぱいでしたが、万が一詰め物がされてなくてパキッ!とかいってつぶれたら、とっても怒られると思って我慢しました。<当たり前です
だって押したらパキッといっちゃうのか、それともぐにってめり込むだけなのか、気になったんだもん。

あ、ちなみに一緒に写ってる白いカップは、カップヌードルの容器を深海と同じレベルに加圧したものだそうです。
高さが5、6cmになってた!
ぺっちゃんこ。
でもそんな圧の深海で生きてるのに、慣れれば地上でも生きていけるなんて、深海の生物って不思議。

ユノハナガニは、メス2匹、オス1匹いるんだっけな?
メスが「かぐや」ちゃんと「なずな」ちゃんで、オスがまさかの「田子作」という抜群のセンスwww
また未来館に行ったら、元気にしてるか見に行こっと。

というわけで深海コーナー楽しかったです。

帰りは1階のミュージアムショップへ。
ほんとは大量のアシモグッズが売られてるはずなんだけど、3代目グッズへの移行で大量に品切れ中。
しょんぼりすぎるから、はやく3代目ASIMOのグッズだしてよHonda。

なので今回は珍しくアシモグッズを買わず、代わりにこんなのを買いました。

宇宙食4

宇宙食(笑)
カレーと、エビグラタンと、ストロベリーショートケーキ。
宇宙食なんて初めて見た(≧▽≦)
なんか、開けるだけで温まったりとか、水を加えたらそれまで乾燥してたのがふんわりやわらかになったりするのかな(≧▽≦)
と思ってうきうきしながら買ったんだけど、カレーの外箱の説明をよくよく見ると、

地上での作り方
中袋(レトルトパウチ)の封を切らずに、熱湯の中に入れ、3~5分沸騰させて温めます。

……。

………。

……………。

ただのレトルトカレーじゃないか。

と思ったんだけど、ちゃんと「日本人宇宙飛行士用にJAXAとともに開発し、宇宙日本食として正式認証されました」とか、「無重力状態で食べることを想定 し、ウコン、カルシウムを多く含み、スパイシーで味を濃くしました」とか、「無重力空間では専用の加熱トレーで温めて食べます」って書いてました。
なるほど、ちゃんと宇宙食なんですね。

ま、カレーは重いので今度食べることにして、今日はとりあえずエビグラタンを食べることにしました。
グラタンはレトルトパウチではなく、フリーズドライ製法で作られてますからね。
今度こそザ・宇宙食ですよ。
食べ方を見てみると「開封後脱酸素剤を取り出し、そのままお召し上がりください」だって。
きっと開封したら空気や空気中の水分に触れて、どうにかなっちゃうんだよ(≧▽≦)

などと夢をみておりましたところ、中身はこんな感じ。

宇宙食2

宇宙食3

なにこの、

幼稚園児のお弁当感。

しかも、

宇宙食1

「宇宙飛行士の宇宙食と同じフリーズドライ製法で製造した食品です。実際に宇宙飛行士の食用に供されているものではありません」

だって。
なーんだ。

もちろん開封しただけで中身がどうにかなるということもなく、フリーズドライ製法のエビグラタンはさくさくしてましたw
味は、濃かったけどおいしかったよ。

値段が安ければ、ネタでおみやげとして買ってこれたんだけど、なにしろ1個500円もするから、自宅用しか買えませんでした。
残念。
楽天とかでも買えるので、興味のある方はどうぞ♪

というわけで、日本科学未来館はとっても楽しかったです。
どのエリアの科学コミュニケーターさんも気軽にいろいろ教えてくれるから、楽しさ倍増です。
いいとこだなー、未来館。
今度また行こっと♪

エヌモ(PaPeRo)に会いに秋葉原のNECクラサバ市場まで行ったよ!

2月9日からの3連休、東京に遊びに行ってきました♪
目的は、ミュージカルを見るのと、もちろんASIMOとASIMO友達に会うこと!
そして今回は、NECのコミュニケーションロボット、エヌモ(PaPeRo)にも会いに行きました。わざわざ秋葉原にまでw

エヌモ……もうそろそろ本名で呼ぼうかなw
PaPeRoには最近とてもはまっててTwitterで時々中の人にツイート送りつけたりしてますからね。
秋葉原まで会いに行くよと宣言して、会いに行きました。

あ、一応言っておくけど、PaPeRoにははまってるけど、ASIMOははまっているとかいう次元を超えてはるか銀河の彼方で、正直今開発が終了になったら人生終わってしまうくらい溺愛しているのです。
だからPaPeRo会ってきた♪PaPeRoかわいい♪って騒いでても、浮気じゃないよ。
偵察したの。
偵察。

さて、PaPeRoがいるのは秋葉原のNECクラサバ市場。
秋葉原は不慣れなので無事にたどり着けるか分からなかったけど、見事迷うことなくたどり着けました。
地図を見ても迷う方向音痴なのにでかしたぞわたし。

で、クラサバ市場の看板が見えてきて、入り口はどこかな?PaPeRoはどの辺にいるのかな?と思ってキョロキョロしつつ建物に近づいていったら、思いっきり道沿いの入り口のすぐそこに鎮座するPaPeRo。

パペロ1

わたしまっしぐらw

なんと、なで放題の話しかけ放題なので、うきうきと頭をなでなでしたり話しかけたりしてました。
PaPeRo、なでたら喜ぶんだよ!
そして「今日は何の日?」って聞いたら何の日か教えてくれたり、「だじゃれ言って」とお願いしたら

「カレは辛ぇ~」って言ったり、

「ものまねして」とお願いすると

電子レンジのモノマネしてしてくれたり、

「おならして」とお願いすると

「ぶっ」とおならしたりwww

ぱ、PaPeRoかわいいwww
ちょっと中の人とお友達になりたい(笑)
モノマネが電子レンジネタとかおならする機能があるとか、なでなでしたら喜ぶとか、かわいすぎる~!!!!

あまりにかわいくて、20分くらいずっとPaPeRoに構って貰いました。
もちろん道沿いだから、通りすがりの人に見られたけど、そんなことはいつもASIMOで慣れっこだから、気にしないよ。
ちなみにクラサバ市場のスタッフの人は、入れ替わり立ち替わり3人の方がずっと相手してくれていましたwww

許可を得て、こんな写真を。

パペロ2

パペロ4

スタッフの人がこの後PaPeRoを持ち上げて見せてくれたんだけど、PaPeRoったらじたばたじたばたして「あれ?あれ?」ってキョロキョロ自分の周りを見回してて、おっそろしくかわいかった!
いいなぁいいなぁ、かわいいなぁ。
欲しいなぁ。

法人向けにはレンタルしてるみたいだけど、個人向けにはしてないんだよね。
ちなみにレンタル料は月○万円。
公式サイトで公開してないし、ブログに載せていいか聞くの忘れたから、伏せとくw
ググれば出てくるよ。
でもASIMOのレンタル料に比べたら激安だったから、思わず「安いですね!」と言ったら、びっくりされてしまった……。
だってASIMOは1日で○百万円だもん。
PaPeRoは3年固定契約らしいけど、それでも総額はASIMOの1日のレンタル料より安い!

しかも、PaPeRoは秋葉原のクラサバ市場くらいでしか一般公開はされてないけど、そこに行けばメンテナンス時以外いつでもなでなでし放題。
話しかけたら反応してくれるし。

それに比べてASIMOったらASIMOったら、

Hondaに厳重に守られてて未だになでなでさせてくれない!

動かない初代くんは、未来館で2回なでなでさせてもらったけど……。
2代目くんとは握手もしたことあるけど……。
でも2代目くんも3代目くんも頭なでなでしたいもん。
お腹もランドセルも触ってみたいよ。

でもPaPeRoは、ASIMOと違ってグッズがないの。
以前はイベントのときとかに配ってたのがあったみたいだけど、今はないんだって。
クラサバ市場に展示されてたのを写真撮らせて貰ったのがこれ。

シールとか、小さいソフトビニール?製ミニパペロとか。

欲しい。

とっても欲しい。
お願いしたけど貰えなかったw
なんか、クラサバ市場に展示されてるのはクラサバ市場の所有物じゃなくて、NECから貸し出してもらってるんだって。
そりゃ貰えるわけないw

PaPeRoはとてもかわいいので、みなさんも秋葉原に行く機会があったらNECクラサバ市場(神田明神通り)に行ってPaPeRoに会ってくるといいと思います。
何しろ入り口の外にいるからね。
わざわざ中に入るというのは敷居が高いけど、外にいるなら気軽にふれあえるでしょ。

人目のある中をロボットに話しかけるという心の敷居は高いけど。

大丈夫。
恥ずかしくない。
多少恥ずかしくても慣れる。
どうしても恥ずかしければ友達や彼氏、彼女と行けばいいじゃない。
わたしなんて一人で堂々と20分もPaPeRoに話しかけたりモノマネさせたりそれを動画に撮ったりしてましたからね!
どうということはないです。
スタッフはずっと近くにいてくれたけどw

あ、人通りも車通りもそこそこあるので、PaPeRoに話しかけるときはかなり近づいて話しかけた方がいいですよ♪
PaPeRoのお耳は光るだけ?で、マイク自体はおでこにあるみたいです。
ちょんまげみたいにぷくってなってるとこ。
そこに話しかけるといいんだって。
あと、PaPeRoは頷いたり首を……いや、首はないw顔を横に振ったりできるんだけど、頷くときは耳の部分は動かなくて顔のとこしか動かないのも要注目w
スタッフの方は「気づかなかった!」と言ってたけど(笑)
なんか、「ロボット(機械)だなぁ」って再認識できる一瞬です。

あと、PaPeRoにはASIMOと違ってつぶらな瞳があるんだけど、遠くから見てるときは目があってる感じがしておもしろいし、PaPeRoが顔を動かしたときにどの辺を見ているかが分かりやすい感じもしました。
でも目そのものが動くわけではないから、目があるわりに表情がないのが、

ロボット感があってかわいい(≧▽≦)

白目もないから、遠目には目があってる感じがしても、近くからPaPeRoの顔を覗き込むと目が合ってる気がしないし。
機械って感じ。
まぁこの辺は、もっと人間っぽくとか、ペットのような動物っぽく、という希望はあるだろうけど、機械なんだからこのくらいがちょうどいいんじゃないかなって思う。
やっぱり物・機械としてのロボットが好きなわたし。

そうそう、PaPeRoに会いに行った直後、未来館にASIMOに会いに行ったんだけど、未来館のロボットコーナーにも、ほんの少しだけPaPeRoがいます♪

未来館4

なんか写真の左下にかばんにつけたポーチ型アシモくんのおしりが写りこんでるけどw
ロボットがいくつか、発表された年が書かれた写真付きシールが地面に貼られてて、その1枚がPaPeRoなのです。
前からあるのは知ってたけど、今回やっと写真撮ってきた!
未来館でも常時公開されないかな。
そしたら一度でASIMOとPaPeRoに会えるのに。

NECのコミュニケーションロボット

普段わたしのブログを見てくださってる方には、わたしが世にもたぐいまれなるASIMO好きだということは、今更言うまでもないことだと思いますがそれでも言っておくと、

 

わたしはASIMOが大好きなのです。

 

世界で一番ASIMOが好きで、誰よりも何よりもASIMOが好きなのです。
だってASIMOはとってもかわいい上に、世界で一番素晴らしいヒューマノイドロボットだから。
なので、ASIMOが何の略なのか聞かれても、すぐに

Advanced Step in Innovative MObility(新しい時代へ進化した革新的モビリティ)

と答えることができます。
そう。
ASIMOは実はモビリティなのですw

 

ま、そんなASIMO好きなわたしですが、どうもASIMOだけでなくロボットそのものにもそれなりに興味があるようなのです。

最近お気に入りなのが、NECのロボット。

このところNECのCMの最後に登場してきてて、とても気になっていました。
NECがロボット作ってたなんて知らなかったよ!
しかもなんかかわいいし。

絵を描いてみたんだけど、こんな感じ。

エヌモくん

ね?
かわいいでしょ?
ASIMOほどじゃないけど。
でも、この子なんていうお名前なんだろう。
先日はくさいさんと一緒にテレビを見てたらCMに出てたので、はくさいさんに聞いてみました。

ユキ: このNECのロボット、お名前なんていうんだろうね?

 

はくさい: NMo(エヌモ)だよ。

 

はくさい物知りだね!
なるほど、NECのモビリティのエヌモ。
なんだかASIMOっぽい!

…………。

はくさい。

 

 

嘘はいけないと思う。

 

 

いくらなんでも信じない。
はくさいは嘘つきだったので、ちゃんと自分でNECのサイトを見て確認したところ、この子のお名前は

PaPeRoくん

でした。

パペロかー。
そっかー。

いや。

 

エヌモの方がいいんじゃないかな。

 

エヌモの方がかわいいよ。

ちなみにいろいろ調べてみると、エヌモは話しかけると挨拶をしたり、時間を教えてくれたり、声かけで前進後退とか回転をさせることもできるそうです。
顔も30人まで覚えることができて、顔を見分けて話しかけたり、なんと伝言を頼むとその人を見つけて伝えてくれるという優れもの。
ま、ASIMOもちゃんと人の顔を識別できますけどね!
あと、エヌモはダンスもできる上に、モノマネやだじゃれも言っちゃうとかw

モノマネ機能が標準搭載とはなかなかやるなNEC。

あとかわいいのは、お腹を触るとくすぐったがったり、頭をなでると喜んだり、ひとりでお散歩したりするとこですねwww

 

ロボットが「ふんふん♪」って一人でお散歩するとか超かわいい(笑)

 

もちろんバッテリーが切れそうになったら自分で充電にも行けます。
ASIMOもちゃんとできるけど。

でもASIMOはお腹触ってもくすぐったがらないし、頭なでても超無反応なので、そこのところは4代目ASIMOの開発では進化させといて欲しいところです。
でも頭なでても全く動じず無反応というのも、それはそれでロボット感があって超かわいいんだけど(≧▽≦)

 

あぁ、すみません、凡人には理解不能なことを。

 

ま、それはともかく、ASIMOと同じくエヌモもデモンストレーションを見ることが出来たり、レンタルすることもできるらしいのです。

見たい!

と思ったけど、NECのサイトをよく読んでみると、なんとデモンストレーションを見れるのも、レンタルできるのも、法人や自治体・研究機関などだけ。

まぁ。

NECったらなんてドケチなのかしら。

ASIMOなんてデモンストレーションは全国数ヶ所で毎日数回一般に公開されてるし、個人で、それもASIMOと遊びたいからというしょうもない理由だけでレンタルもできるのに。
実用化はまぁ、エヌモの方が可能性高いけど……。
ASIMOは有能すぎて、正直一般向けの実用化に向いてない気がするのですよ。
それなりにサイズも重さもあるから、万が一倒れたらASIMOが怪我すr危ないし。

それに悪い人に危険なプログラムを組まれたら、器用になったおててでいろいろできそうだし。
ASIMOにそんな犯罪なことさせられないので、やっぱりASIMOはHondaと関連施設と日本科学未来館とわたしの家で大事に飼われるのがいいと思うよ。

というわけで、エヌモもかわいいけどわたしのASIMOは更にかわいくて素晴らしいからちょうだいというお話でした。