カメラが欲しかったのです

数ヶ月前の話ですが、カメラが欲しいなーと思ってたのです。

ブログにわりと写真載せるし。
いつも携帯でしか撮ってないし。

正直ブログのネタに使う写真なんて携帯で十分なのですが、たまに弟の一眼レフを借りて撮ると、やっぱり写真がきれいなんですよね。
画質落として圧縮しても、きれいさは格段に違います。

本格的な一眼レフはいらないけど、ちょっとちゃんとしたカメラが欲しい。
そう思って、早速弟に相談しました。

ユキ: 弟。カメラ欲しいんだけど、どれがいい?

弟: それは、何をどんな風に撮りたいかにもよるけど。何撮るの?
人とか、車とか、風景とか。

ユキ: アシモ。

弟: ・・・・・・。

で、どんな風に撮りたいわけ? 望遠とかいる?

ユキ: アシモをかわいく撮りたい。

弟: ・・・・・・。

というわけで、弟はSonyのNEX5と、PanasonicのLumix GF3を勧めてくれました。

早速ヤマダ電機に行って実物を見てきたわけですが、Lumixがかわいかったのです。
NEX5はなんだかごつくてかわいくない。
しかも1つ下の機種のNEX3だとピンクとか白とかあるけど、NEX5はないのです。
かわいくないのです。

でも、作品集とか見ると、正直LumixよりNEX5の方がどう見てもきれい。
結構差がある・・・・・・。
だけどNEX5かわいくない。

というわけで、持ち運ぶときの気分やテンションも考えて、Lumixにすることにしました。
早速弟に報告。

ユキ: 弟。LumixがかわいいからLumix買うことにした。

すると、なんということでしょう。
弟は知らない間にLumixやNEX5について調べていたようで、機能や画質などはNEX5がいいからNEX5にしろと言うのです。

やだよかわいくないのに。
そう一蹴したわたしに、弟は言いました。

弟: いくらカメラがかわいくても、アシモはかわいく撮れないんだよ。

ユキ: (゚Д゚)

という葛藤と戦っている内に、時は流れ、相変わらず青山にASIMOに会いに行っても携帯でしか写真を撮らないという日々が続いていました。

そんな中、新たな有力候補が。

FujiFilmのFinePiXのX100。

一眼レフではないけれど、作品集を見たら十分な画質と写り。
いいね!
NEXとかと比べて持ち運びのときにレンズが邪魔にならないし、軽いし、これがいい!

うきうきわくわくしながら価格.comを見て、ある程度まで価格が下がるのを待ちました。

待ちました。

待ちました。

飽きました。

いかん。
どうしてもアシモそのものじゃないだけに、テンションが持続しません。

このままではカメラが買えない。

でもまぁいいか。

そう思ってた時。
なんと。
まさか。

得意のノリと勢いと思いつきだけで、

東京モーターショー2011に行くことになりました。

はっはっは。

これカメラいるよ。
だって、あのNSX様が発表されるし、何より毎回ASIMOもいるらしいから、きっと今回もいるはずだし。
NSX様をさらにかっこよく、ASIMOをさらにかわいく、そしてたくさんいるに違いないきれーなおねーさんをさらにきれーに撮るには、携帯カメラではだめです。
カメラを買うしかない!!

よっしゃ買うぞ!

と思ったらね。
よく考えたら、最近弟がカメラを買ったのです。
Niconの一眼レフ、D7000。

よし。

よこせ。