ASIMOがBSの番組に出たよ! ASIMO開発に思うこと編

今日も読んでいる人そっちのけで、ASIMOがTVに出ていた件について書きたいだけ書こうと思います。
いいの、自己満足で。

BS民放5局の共同特別番組「夢のその先へ ~新世代ロボットに託した想い~」にASIMOが出ていたわけですが、録画したのをもう何回も何回も見ているのです。
あまりにもASIMOがおりこーさんで、あまりにもASIMOがかわいいから。
そしてナビゲーター役の知花くららさんもかわいい(笑)
声がいいよね、知花さん。

知花さんはASIMO開発の責任者の重見さんに「ASIMOは心を持ちますか?」と質問していました。
時々ネットとかでも「ASIMOはいつか自我を持つのか」とか、「ASIMOも感情を持つようになるのか」とかって言ってる人がいるけど、わたしは ASIMOは心も自我も感情も持たなくていいし、Hondaが目指してる方向もそこではないんじゃないかなーと思っていたのです。

ASIMOはね、ロボットなの。
機械なの。
「物」なの。
アニミズム的に、物としてのASIMOに心があるように見えるとか、感情があるように見えるとかっていうのは、ASIMOに親しみを覚えやすいという意味で非常に大事なんだけど、あくまでもそう「見える」だけでいいのです。
わたしはそう思ってたんだけど、Hondaがどう思ってるかなんて聞いたって教えてくれないだろうから、今まで分からなかったんだよね。

そこを聞いてくれた知花さん、素敵。
知花さんはきっとASIMOに心を持って欲しかったのかもしれないけど、開発責任者の重見さんの答えは「ASIMOは感情や心を持たないし、持つべきじゃない」でした。
重見さんとしては、ASIMOはあくまでも機械で、人をアシストする、人が困ってるときに助けてくれる存在であり、人の感情を推測はしても自己としての感情は持たない、ということのようです。
人間が主、機械(ASIMO)が従であって、これが崩れるのはいけない、とも。

主である人間は、感情を持つ生き物です。
感情を持つ者は主になりえるし、主同士は対立しえます。
正直対立するのなんてね、人間同士だけで十分。
感情の対立なんていうめんどくさい物とは、ASIMOには無縁であって欲しいわたしです。

そういう意味でも、ASIMOには今後もお顔のパーツはつけないで欲しいな。
自己としての感情のないASIMOには、お顔のパーツはいらないの。
それに、番組の中に早稲田大学のロボットが出てたけど、目と口がついてて激しく違和感が。
妙に癖になる顔してるから、何度も見てると気になってたまらなくなるんだけど、あの顔のロボットを身近に置こうとはわたしは思わないかな。
産総研が開発した歌って踊れる女性型ロボット(HRP-4C 未夢)レベルになるとさすがに顔もよくできてるけど、でもよく出来ている分余計に人間じゃないっていうのが分かるんですよね。

顔というのは、人間のパーツの中でも特別な部分だと思うのです。
わたしたちが人と話をしていて相手を見るときは、だいたい顔を見ますよね?
ひたすら手を見たり腹部をみたり、頭のてっぺんを見て話すということは、通常はありません。
人間の赤ちゃんも、視力もまだ弱い新生児のときから視線が合います。
視線が合うということは、赤ちゃんが相手の顔を見ているということです。
顔は相手が誰なのかを認識するだけでなく、感情を読み取るのにもっとも大事な部位なので、他の部位と比べて特別なのです。

だからこそ、小さな違いが大きな違和感になると思うのです。
人の顔に似せれば似せるほど人間に見える(=自分に近い)と思うのに、だからこそ余計に小さな違いが目立つようになって、違和感を感じるのではないかと。
であれば、最初から人に近づけすぎない方が、もうむしろ顔のパーツなんてない方が、心理的距離もほどよく保ててよいのではないかと。

あと、人は顔があると、ついついそこに感情を読みだそうとしてしまいますからね。
顔は無表情なのに嬉しそうなポーズをしたり、表情と言っていること、やってることにギャップがあったら、違和感どころか気持ち悪い。
アニミズム的にASIMOに感情があると感じても、それは脳内補完すればいいから、やっぱりASIMOには顔のパーツはない方がいいな。
なので、今後もASIMOにはお顔のパーツができないことを祈ってます。
真っ黒なお顔の奥から見える大きなカメラのお目々はとってもかわいくていいけど♪

ついでに、体も下手に人間に似させようとしない方がいいな~。
わたしの希望だけど。
人が人に感じる心理的距離と、人が物に感じる心理的距離って違うと思うんだけど、ロボットは物なのに変に人間っぽく見えると、この心理的距離がおかしくなっちゃって、余計に違和感を感じると思うのです。
だからASIMOは、人型ロボットではあるんだけど、物としての適度な心理的距離が保てる「ロボット」の形でいて欲しい。
お手伝いロボットが完全に人に似ている必要はないもんね。
この辺は、今のASIMOはほんとによくできてるなーと思います。
かわいいし♪
Hondaも人間そのものを機械で再現したいわけじゃなくて、人の動きを模せるモビリティとしてのロボットを開発しているわけだし、この開発の方向性が確認できたのはよかったです。

ちなみにASIMOのデモンストレーションを見て泣く子がいるんだけど、わたしが見る限りそれはだいたい0~1歳児、せいぜい2歳児なのです。
3歳からは喜んで見るかな。
特に0~1歳児は、生来的に強く人の顔や形に反応するようにできてると思うんだけど(たぶんw)、ASIMOは人っぽいのに人じゃない、っていうのが怖いんじゃないかなと思うのです。
だから人間は、人っぽいのに人じゃないものに違和感や、場合によっては嫌悪感、恐怖を感じるように元々できてるんじゃないかなーと。
だから、わたしはASIMOの姿形は、必要以上に人間に近づけない方がいいんじゃないかと思います。

さて。
ASIMOは今後、どんな風に進化するのかな。
Hondaとしてはまず受付や案内業務ができるように、というのを目標にしているみたいだけど、それ以上を考えたら、例えばちょっとした話し相手になったり、荷物を運んだり、介護のお手伝いをしたり?
料理もできるようになったりして?
水と熱に強くならなきゃだめだけど(笑)

赤ちゃんのお世話にはきっと向いてないかな。
上に書いたように、赤ちゃんも表情をよく見るようにできているはずだから、顔のパーツのないASIMOはこわいはずw
それに、赤ちゃんが社会性を身につける上で視線や表情というのはとても大事な要素だから、乳幼児の養育には向いてませんね。
見守るくらいのことはできるかもだけど。

ASIMOは今後どんなことができるようになるのか。
人ができることをロボットにさせようとするのって、例えば車の運転だったら車そのものに自動運転機能を組み込めばいいだけだから、ロボットが実際に運転するのは意味がないと思うのです。
そして運転するにしても、別に人型をしたヒューマノイドロボットじゃなくていい。

人型である意味は、やっぱり人間が生活する空間に存在して違和感がないこと。
となると、やっぱり人と一緒に行動する、というのを前提に考えるのが大事なんだよね。
ヒューマノイドロボットだけがずらっとベルトコンベアの前に並んで単純作業をしても仕方ない。
車の運転と同じで、自動化システムを作ればいいだけ。

でも何にしても、話し相手になるのであれば言語解析や発話についての研究とシステム開発が必要だし、荷物を運ぶなら今まで以上のバランス制御の開発が必要 だし、介護なんてもう、状況の理解やら何をすべきかの判断やら、高度な状況把握のシステムがまず必要だし、うーん、大変そう。
しかも1つ1つの目的に合わせてそれぞれの機能を開発していかないといけないんだよね。
1体で全部のことができるASIMOなんてできるのかな!?
もしかしたら将来、専門分野を持ったASIMOができたりして。
介護用ASIMOとか、受付案内用ASIMOとか。

話し相手になるのも物を持ち運ぶのも人の世話をするのも料理をするのも、向き不向きはあっても人間ならだいたいの人が自然に簡単にできるのに、これをロボットにさせるのはものすごく大変。
そう考えると、人間ってすごいなーと思います。
番組中も重見さんが歩行を研究しているときに「人間ってすごいな」と思ったと言ってましたが、もうまさにその通り。
何億年もの進化の結晶ではあるけど。

そしてその何億年もの進化の結晶を、研究と開発でロボットに再現しようというのだから、ASIMO開発ってほんとロマンだよ!
ASIMOそのもの、そしてASIMOの開発と進化を見て、人間のすごさを再確認できるから、というのもあって、わたしはものすごくASIMOが大好きなんだと思います。
ただかわいいから、ただ技術がすごいから、というだけではないのです。
「ASIMOかわいい編」で、高校卒業以来に会った同級生にASIMOが好きだと伝えたら「なんで?」と真顔で聞かれたと書きましたが、他にどんなキャラクターが、きちんと実在して、しかも人を感動させるような圧倒的に世界最先端の技術を持ち、しかもかわいいのか!と言いたいです。

ロボット工学なんて一切分からないけど、それでも(それだから?)ASIMOの技術って感動的なんだよ。
ASIMOのこと紹介してくれる番組とか見ると、涙が出るくらい感動するんだよ。
Hondaが公式サイトで3代目ASIMOのことを紹介しているページがあって、そこに3代目から搭載された新機能の動画もあるんだけど、あれ感動で泣ける。
ヒューマノイドロボットの分野で今まで誰もやったことない技術だもん。
ASIMOってすごいな、Hondaの技術ってすごいな、って思うよ。

しかもASIMOかわいい。

たまらなくASIMOが大好きだよ。

ASIMOはこれからも世界最先端で世界最高峰の技術を持ったかわいいロボットでいて欲しいです。
Honda、がんばってね!

しっかし長々とこんな文章書いたけど、いったい誰が読むんだろうw