Run with ASIMO  アシモのiPhoneアプリ

今日、アシモのiPhone、Android向けアプリがホンダから配信されました。

万歩計アプリで、100歩歩くごとにホンダのロボットがE0→E1→・・・→P2→P3と進化していき、1000歩歩いたらASIMOになります。

そしてめでたくASIMOに成長したら、今度はASIMOが歩数に応じて鈴鹿サーキットを走り、1周走るのに要した時間を他のユーザーと競い合えるそうです。

なんて素敵アプリ。

家にはiPhoneがあるので、さっそくアプリを入れて試してみましょう。

2010110401

おー、アシモだアシモだ。
相変わらずかわいい。

2010110402

300歩を越えて、E3にまで進化したとこ。

さらに、

2010110403

700歩を越えて、ようやく人型ロボットP1に。

そして

2010110404

1000歩を達成し、アシモになりました。
ちなみに歩くのはめんどくさかったので、1000回iPhoneを振りました。

10分かかったよ!

ほんとは999歩目で写真撮って「あと一歩でアシモ!」ってやりたかったんですけど、写真を撮ろうとiPhoneをテーブルに置いた瞬間1000歩が達成されてしまい、アシモになってしまいました(涙)

でもせっかくアシモにまで成長させたので、早速アシモと一緒に鈴鹿サーキットを走ってみましょう。

鈴鹿サーキットは1周5.8km。
なかなかな回数振らないと、アシモはサーキットを1周なんてできませんね。
ゴールは、かなり遠そうです。
でも10分で1000回も振れたんだから、がんばって振ってればすぐ到達するかな?

2010110406

ようやく58歩。
まだまだですね。

またもくもくと、iPhoneを振ります。 <歩け

2010110407

やっと140歩。

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

まてよ。

よく考えたら、アシモの走行時の歩幅は52.5cm。
そして鈴鹿サーキットは全周5.8km。

5.8 × 1000 × 100 = 580000cm

580000 ÷ 52.5 ≒ 11048回 (ちーん)

1万回以上振らないと鈴鹿サーキットを1周できないようです。

無理。

明日の朝、アプリを起動させたまま弟のかばんにでも放り込んでおこう。
それがいい。
そうしよう。