月別アーカイブ: 2011年10月

ついにASIMOが届いた!?

昨日、家に帰るとクロネコヤマトから不在通知が届いていました。

ああ、この日をどんなに待ちわびていたことでしょう。
わたくし、ついに夢を叶えました。

ほら。

ASIMO届いた

なんと家にASIMOが届くのです!
クロネコヤマトは精密機械の運搬に強いと言いますからね。
やはりASIMOはクロネコヤマトで届くのですね。

いそいそとクロネコヤマトに電話をかけ、再配達を頼みます。

そして届いたASIMO。

アシモでもしもし7

ASIMO、まさかのプチプチくん梱包。

そして中身は!

アシモでもしもし6

ぬいぐるみアシモくん。

そうだよね……。
本物のロボットASIMOくんは来ないよね……。

でもこれは、実はただのぬいぐるみアシモくんではありません。
ハンズフリーアシモくんなのです。
ランドセルがぱかっと開き、背中に携帯と接続できるのです。

アシモでもしもし5

そしてスピーカーとマイクが内蔵されてるので、アシモとお話している感覚で電話ができ、しかも通話中アシモがじたばたかわいく動くのです!

アシモでもしもし4

すんばらしい!

ハンズフリーアシモくんは旧型アシモくんで、このグッズも世に出てから数年経っているのですが、これを譲ってくださった方はとても大事にしまっていたようで、アシモの状態はとても良好でした。
旧型アシモくんはLサイズとパペットしか持ってなかったから、これでMサイズも手に入れたことになり、ぬいぐるみアシモくんはコンプリート間近です。
この子でうちのぬいぐるみアシモくんは12匹になりました。

ちなみにこのハンズフリーアシモくんの説明書を改めてよく見てみると。

アシモでもしもし2

ほほう……。

「ASIMO背中のバックパック上部を開ければ携帯電話を入れてASIMOを抱きかかえながら話しをすることができます」

それはつまり、こういうことですね?

こうして、

アシモランドセル

こうして、

アシモでもしもし3

そしてこう。

アシモでもしもし

 

誰だこんな使い方思いついた人。

カメラが欲しかったのです

数ヶ月前の話ですが、カメラが欲しいなーと思ってたのです。

ブログにわりと写真載せるし。
いつも携帯でしか撮ってないし。

正直ブログのネタに使う写真なんて携帯で十分なのですが、たまに弟の一眼レフを借りて撮ると、やっぱり写真がきれいなんですよね。
画質落として圧縮しても、きれいさは格段に違います。

本格的な一眼レフはいらないけど、ちょっとちゃんとしたカメラが欲しい。
そう思って、早速弟に相談しました。

ユキ: 弟。カメラ欲しいんだけど、どれがいい?

弟: それは、何をどんな風に撮りたいかにもよるけど。何撮るの?
人とか、車とか、風景とか。

ユキ: アシモ。

弟: ・・・・・・。

で、どんな風に撮りたいわけ? 望遠とかいる?

ユキ: アシモをかわいく撮りたい。

弟: ・・・・・・。

というわけで、弟はSonyのNEX5と、PanasonicのLumix GF3を勧めてくれました。

早速ヤマダ電機に行って実物を見てきたわけですが、Lumixがかわいかったのです。
NEX5はなんだかごつくてかわいくない。
しかも1つ下の機種のNEX3だとピンクとか白とかあるけど、NEX5はないのです。
かわいくないのです。

でも、作品集とか見ると、正直LumixよりNEX5の方がどう見てもきれい。
結構差がある・・・・・・。
だけどNEX5かわいくない。

というわけで、持ち運ぶときの気分やテンションも考えて、Lumixにすることにしました。
早速弟に報告。

ユキ: 弟。LumixがかわいいからLumix買うことにした。

すると、なんということでしょう。
弟は知らない間にLumixやNEX5について調べていたようで、機能や画質などはNEX5がいいからNEX5にしろと言うのです。

やだよかわいくないのに。
そう一蹴したわたしに、弟は言いました。

弟: いくらカメラがかわいくても、アシモはかわいく撮れないんだよ。

ユキ: (゚Д゚)

という葛藤と戦っている内に、時は流れ、相変わらず青山にASIMOに会いに行っても携帯でしか写真を撮らないという日々が続いていました。

そんな中、新たな有力候補が。

FujiFilmのFinePiXのX100。

一眼レフではないけれど、作品集を見たら十分な画質と写り。
いいね!
NEXとかと比べて持ち運びのときにレンズが邪魔にならないし、軽いし、これがいい!

うきうきわくわくしながら価格.comを見て、ある程度まで価格が下がるのを待ちました。

待ちました。

待ちました。

飽きました。

いかん。
どうしてもアシモそのものじゃないだけに、テンションが持続しません。

このままではカメラが買えない。

でもまぁいいか。

そう思ってた時。
なんと。
まさか。

得意のノリと勢いと思いつきだけで、

東京モーターショー2011に行くことになりました。

はっはっは。

これカメラいるよ。
だって、あのNSX様が発表されるし、何より毎回ASIMOもいるらしいから、きっと今回もいるはずだし。
NSX様をさらにかっこよく、ASIMOをさらにかわいく、そしてたくさんいるに違いないきれーなおねーさんをさらにきれーに撮るには、携帯カメラではだめです。
カメラを買うしかない!!

よっしゃ買うぞ!

と思ったらね。
よく考えたら、最近弟がカメラを買ったのです。
Niconの一眼レフ、D7000。

よし。

よこせ。

プラザのASIMO♪

またもや仕事で東京に行き、当然のようにHonda本社1階、ウェルカムプラザ青山へ。
先週お腹を壊してデモが中止になり会えなかったASIMOに会いました。
ASIMOはもうお腹治ったみたいで、元気いっぱいでした。

アシモと記念撮影

そして、今年度から入ったっぽいホンダスマイルのおねーさんたちにも、いい加減顔を覚えられてしまってて、にこやかに挨拶されたり、「いつもありがとうございます」と言われたり。
わたしったら有名人。

ちなみに連休中泊まったホテルには欧米系の方々が多く泊まっていたのですが、エレベーターで一緒になった白人の男性にかばんにつけたポーチ型アシモくんを見られました。

ポーチ型アシモくん

これね。
そしてわたしはその人に

心から微笑ましく見つめられました。

なに?
どういうこと?
アシモかわいいねってこと?
それともこんな大きなぬいぐるみつけて、この人ちょっと足りないのかも、ってこと??

ま、アシモをつけるのは止めないけどね。
だってアシモかわいいし、アシモいないと寂しいもの。

そうそう、連休中、いろいろな方から、那覇祭りのHondaブースでアンケートに答えると現行Lサイズアシモくんが当たるみたいよ!!というご連絡をいただきましたw
みなさまありがとうございます。

わたしは東京にいたので行けなかったのですが、弟が行ってくれました。

えぇ、最終日の大雨洪水警報が出るような雨の中を。

そしたら、

大雨で抽選が?中止になってたんだって。

しょんぼり。
せっかく最終日までLサイズアシモくん残ってたみたいなのに。
欲しかったなー残念。