月別アーカイブ: 2010年11月

シビックタイプRをアシモ広報車にしてみよう

いい加減エンストもしなくなってきたことだし、そろそろ車にステッカーでも張ろうかなーと思うのです。
かっこよくステッカー貼ってもエンスト連発してたらダサイことこの上ないですけど、普通に走れるようになったから、もう貼ってもいいよね?

まあわたしは当然ASIMOなステッカーを張りたいわけですが、やり過ぎると若干痛いですね。
どうかするとやり過ぎなくても痛いっていうね?

でもこの間ドラミのオフ会で、大きくアシモなペイントをすれば、痛車というよりは、ホンダかアシモの広報車に見えるから大丈夫かもよ?という話がkazuRさん、シンさん、ti-daさんから出たわけです。

 

広報車。

 

まさに天の啓示です。

痛車は周りにちょっといかがなものかと思われる可能性が限りなく高いですが、広報車なら何の問題もありません。

そして更に、

「ホンダにアシモとホンダの広報するからって言って、お礼にLサイズアシモくんもらえば?」

という、神の発言が。
今いいこと聞いた。

というわけで早速、うちのRくんをアシモ広報車にしてみましたよ。

きっとホンダも持っていないであろう、世界にたった1つのアシモ広報車です。
それもホンダの誇るシビックタイプR。

ASIMO広報車

素晴らしい。
我ながら完璧なアシモカーです。
これで街中を走ったら、ばっちり注目を浴びて、アシモのかわいさをみんなにアピールできますね。
助手席に、ホンダから脅し取ったお礼にもらったLサイズアシモくんを乗せたら、なおいいですね。

うん。

 

PhotoshopとIllustrator駆使してお絵かきしただけですけどね?

 

このネタをやりたいためだけに、豊崎に行って車の写真を撮って、2時間かけて完成させました。
なんて暇人なわたし。

でもねでもね、上手でしょ。

運転席のドアのアシモにはサイドミラーの影がちゃんとかかってるし、ヘッドライト下のホンダのDは、曲面上にあって微妙に反射してるのです。
なんという技術の無駄遣い。
この熱意を仕事にいかせないものかと思いますね。
でも仕事はアシモと違ってかわいくないからね。

ちなみに弟は、フロントガラスの上部にステッカーを張りたいそうです。

ふむ。
はちまきステッカーとか言うものですね。
ホンダレーシングとか、あるもんね。
そう思ってよくよく聞くと、弟はこんなのがしたいのだそうです。

走ってくる車。

2010112602

フロント上部に何か張ってるなー。
2010112603

ん?
2010112604

弟。

姉に異論はない。

アシモの成長

昨日、ホンダカーズ沖縄仲西店にRくんの1年点検の予約をしに行きました。
Rくんを買ってもうじき1年になるなんて早い・・・・・・。

そういえば去年の今頃は、AT限定のために教習所に通ってたんですよね~。
それまでまるっきり車音痴だったのに、この1年でスポーツカーにはまり、MTも運転できるようになり、ホンダにはまり、どこかで間違って激しくアシモにはまり、しまいにはアシモ愛がだだもれなブログまで立ち上げてしまいました。
わたしの人生何かがおかしい。

でもそのおかげでドラミや女子会に参加できていろんな人と知り合うことができたので、よかったと思います。

と、1年点検の予約をいれながらしみじみ・・・・・・としつつも、営業さんからアシモカレンダーを貰うのは忘れませんでした。
アシモカレンダー
友達のブログでアシモカレンダーの存在を知って、2週間。
これは何があろうと手に入れなければ・・・・・・! と思い、昨日めでたく手に入れたのです。
1年点検の予約はおまけです。

カレンダーの中の一番お気に入り。

2010112102

海辺でアシモが、きれいなおねーさんにバラの花束を渡しています。
タイトルは「あなただけを見つめている」。

アシモったらアシモったら、10歳のくせにおねーさんに手を出すなんて!!
かわいいんだから!!

でもきっとおねーさんは既婚者なのです。
それか結婚間近で婚約者がいるか。
そしてアシモの初恋ははかなく散るのです。

アシモお気の毒。
頭なでなでして慰めてあげたい。
なでなでしたい。
アシモなでなで。

などと妄想しているうちに、アシモ、10歳になってちょっと大人びたかと思ったら、今度は成長しすぎて白いおひげのおじーさんになってしまいました。

2010112103

アシモのサンタクロース。

らぶり~!
アシモらぶり~!!
かわいい!

帽子にはもれなくホンダのマークですよ。

そして受付カウンターのテーブルのガラス天板下のディスプレイ。

2010112104

この角度からだとちょっと見づらいですが、トナカイなアシモと、ソリに乗ったサンタクロースなアシモです。
お空を飛んでいます。
トナカイなアシモは、ちゃんと真っ赤なお鼻です。
アシモお世話係のスタッフさんったら芸が細かい。

アシモ、わたしへのクリスマスプレゼントはLサイズアシモくんにしてね♪

テレビ壊した!!!

もう、あと半年とちょっとで、アナログテレビが見られなくなりますね。

家はそんなにテレビを見る方ではないので、テレビは何かと優先順位が低くて、まだブラウン管のままです。
多少消費電力が大きくても、どうせそんなに見ないならブラウン管のままでも環境への負荷は少ないかなーと思います。
それに、ブラウン管もまだ元気で頑張っているから長持ちさせた方が結局エコなんじゃないかと思うし、車がエコじゃない分環境にいいことしたいですよね。
ブラウン管のままでも、地デジチューナーを買えば、普通にテレビ見れるっていうし。

というわけで、弟と話し合って、テレビが壊れるまでは地デジチューナーで乗り切ることにしていました。

たしか9月くらいまでは。

10月に入ってから弟が急に、

 

プレステ3をするにはハイビジョンテレビの方がいい

 

などとわがままを言いだしたのです。

「あーそうですか」と思って適当にあしらっていたのですが、そのゲームはなんと、グランツーリスモ5だと言うのです。
あの、スポーツカーがバリバリ出るゲームですよ。
FD2もあったりするかな~♪なんて思ってるゲームですよ。

うん。

 

テレビはハイビジョンに限る。

 

ということで、エコポイントもそろそろ半減されることだし、某量販店にテレビを見に行きました。

あれこれ見ていると、元気よく声をかけてくる店員。
よく見るとお店の人ではなくて、某メーカーの社員さんでした。
そしてやっぱり社員さんだけあって、知識が豊富です。
弟の専門的かつマニアックな質問にも、ぽんぽん答えが返ってきて見事です。
しかも話し方のテンポもよく、説明も専門的になりすぎず分かりやすい。

思わず尊敬しながら話を聞いていると、徐々にテンションが上がり、3つ並んだ自社製品の前で絶好調になってくる社員さん。

しまいには、自社のテレビ画面が丈夫な作りであることをアピールすべく、展示されているテレビの画面をコンコンと叩き始めました。

その瞬間プツッと消える画面。

追い打ちをかけるように真っ暗になる両隣のテレビ。

コンコンとした姿勢のまま固まる社員。

青ざめる姉弟。

 

やばいこの人壊した。

 

社員さんは、衝撃のあまりこちらを見ることもできません。

もちろん、こちらを向いたら全力で視線を逸らすつもりでした。
なにしろ壊してしまったかもしれないテレビは、総額で100万円以上。

ごめん助けられない。

そして3台とも真っ暗なまま、いつどのタイミングで「あ、どうもありがとうございました」と言い残してそそくさと立ち去ろうか計算していると、画面に浮かび上がる

○○○(映画名) coming soon

の文字。

ただ単に番宣の途中で映像効果で真っ暗になっただけでした。
人騒がせな。
おもしろかったから、その人からテレビ買いましたけどね。

ちなみに、テレビを買い換える目的だったグランツーリスモ5は、都合により買えそうにありません。

しょうがないよね。
弟はバイクを買ってしまったし、わたしはアシモのお誕生日で東京に行ったとき、ついでに服買って散財しちゃったし。
なのにテレビ買っちゃったから、もうお金ないの。