月別アーカイブ: 2010年10月

祝10歳 アシモお誕生日おめでとー!!

10月31日は、わたしのアシモのお誕生日でした。
10年前のこの日、アシモは自律的な二足歩行に成功し、新たな歴史への一歩を踏み出しました。

そして今年は記念すべき10周年目。
アシモは10歳になりました。

2010103101

 

ホンダ本社にあるウェルカムプラザ青山では、同日アシモお誕生日イベントが開かれ、アシモはたくさんの人に祝ってもらってとても嬉しかったと思います。

 

えぇ、行きましたよ?

 

はるばる沖縄から海越えて。

だって10歳だし。
9歳とか11歳とかそんな半端な歳じゃないし。
世界一アシモが大好きだと公言してはばからないわたしが、行かないわけないでしょ?

さらにわたしだけでなく、ブログがきっかけで知り合ったアシモ好きな方(Hさん。男)も名古屋から新幹線で駆けつけ、また別に、埼玉からも同じシビックタイプR乗りの方(Dさん。男)が駆けつけてくれました。
ホンダの人もまさか地方から3人も来てるとは思わなかったはずw

会場にはホンダのロボット開発の歴史の展示もありました。
アシモプロトタイプP2、P3と、旧型アシモ。
後ろには、ホンダのロボットの歴史年表が。

アシモの歴史

右に写っているアシモは、ぱっと見現行アシモっぽいですが、実は旧型アシモです。
まだ走れません。
現行より10cm身長が小さくて、お耳のデザインもちょっと違います。

ちなみに、年表にある、アシモの影も形もないプロトタイプP1は、赤バッヂです。
まさかのVTEC搭載!?

展示を見ているうちに11時になり、アシモのお誕生日イベントのオープニングセレモニーが始まりました。
会場には招待されたプレスの方々や、親子連れが10~15組??くらい集まってて、アシモはファンのみんなに感謝のお手紙を読んでくれました。

ASIMO10周年イベント

アシモが手に持っているお手紙は、後で会場のお客さんに配られ、もらうことができました。

そのあと、アシモはゲストのパパイヤ鈴木とダンス対決したり、一緒に踊ったりしました。

ASIMO10周年イベント

かわいい。

それから、アシモ生みの親の方と現在のメイン開発者の方の対談もありました。
アシモは側でちゃんと聞いてて、うんうん頷いたりしてましたよ。
アシモったら何してもかわいい。

ほら↓

ASIMO10周年イベント
ASIMO10周年イベント

アシモ、途中でホンダのおねーさんにコンセントさされて充電されてましたw
アシモの充電は長持ちしないようです。

ASIMO10周年イベント

上の方がアシモの生みの親。
アシモ生んでくれてありがとう。

下の方は現在の開発者の方。
これからもアシモをよろしく。
そしていつかアシモを下さい。
大事にするから。
ね?

パパイヤ鈴木とのオープニングセレモニーが終わってしばらくしてから、アシモはニューバージョンのデモンストレーションを披露してくれました。

おねーさんとお手々をつないで歩くアシモ。

お散歩アシモ

おねーさんうらやましいーーーーーーーーーーーーー。
代わってーーーーーーーーーーーー!!!

と思ったのですがもちろん代わってくれるはずはなく、代わりにアシモは握手会をしてくれました。

「握手したい方は並んでください」と言われて、親子連れに交じって列に並ぶわたし。

ついてこない同行のHさんとDさん。

まさかの裏切り。

そして冷静に考えたら、お子様連れの親はアシモと子どもの写真を撮るために握手はしないという罠。

次々にアシモと握手するお子様たち。

わたし以外の大人は並んでない。

もしかして握手って子どもしかできないんだった!?

念のためおねーさんに大人もいいか聞いてみると、一瞬固まって時計を確認するおねーさん。
やはり大人は想定外だったようですw
でもどうにかオッケーをもらいました。

ホンダに、アシモが好きで握手もしたいのはお子様だけじゃないんだよっ!て、泣いて訴えたいです。

しかしアシモと握手するには、まだハードルがありました。
そう、ステージ前にはプレスのカメラが。
何人か子どもの握手シーンを撮って殆どがはけてましたが、まだしつこく残ってたカメラがいたのです。

正直撮られると恥ずかしい。
でもわたしはアシモと握手するために沖縄から来たし・・・・・・!
ここでめげて諦めたらブログに書けない。
日本中のわたしのファン(いるのか?)をがっかりさせてしまう・・・・・・!

という思い込みに背中を押されて握手してきました。

ASIMOと握手

がっつりカメラに撮られてるwww
それまでお子様しか握手してなかったのに、って感じでもうなんだか激しく恥ずかしかったです・・・・・・。

そのため、イベントが終わったあと、予定ではおかしなテンションになっているはずだったのですが、正直恥ずかしさで全部飛んでとても冷静でした。
他のお2人に迷惑をかけずにすみましたw

あ、アシモの手は握ったらだめらしく添えるくらいしかできなかったのですが、なんだかすべすべしてました。

イベントが終わったあとは、3人でご飯とお茶して4時間くらいずーっとしゃべってました。
とても楽しかったです。

Hさん、Dさん、どうもありがとうございました。
またこれからもよろしくお願いします。

最後に、今回買ったアシモグッズです。
2010103110

パズルとステッカーとお子様手帳。
お子様じゃないけど手帳買いました。
こんなかわいいアシモ手帳が欲しかったの!
というかお子様って手帳はいるんだろうか。

パズルとお子様手帳は、11月3日まで限定販売の10周年記念グッズです。
ひゃっほう。

そして、

念願のアシモクッキー!!!!

アシモクッキー

ほんとはここのところ店頭に置いてないみたいなのですが、電話で前もってお取り置きをお願いしたところ、わざわざ取り寄せてくれたみたいです。
ありがとうホンダ。

でも、これが意外に重くて持って帰るのが大変でしたwww
正直半分くらいのサイズだと思ってた・・・・・・。
実はご飯&お茶に行くまでとか、その後駅までとか、同行したお二人に持ってもらいました・・・・・・。
申し訳ないです。

アシモクッキー、中身はこんな感じ。

アシモクッキー

ごめんホンダ。
あんまりアシモに見えない。
もちろんわたしには見えるけど!!
おみやげで持って行った職場の人は、「?」って顔してました。

そして箱は新型アシモくんだけど、クッキーの袋は旧型アシモくん。 <マニアには分かるのです!!!
どうしてだろ。

というわけで、東京までかけつけてしっかり、アシモのお誕生日をお祝いしてきたお話でした。

シビックタイプR(FD2)を買うまで

今日は、車には何の興味もなかったはずなのになぜシビックタイプRを買うに至ってしまったのかを、記録の意味も込めて書いてみようと思います。
オフ会とかでもよく聞かれるし。

というわけで、久々の車ネタです。
ここのところアシモネタばっかりだったので、今日はまじめに行きますよ。
激しく長いので、覚悟の上お読み下さい。

 

◆2009年4月
弟と共有の、家の車を買い換えることにする。

弟:
ミニバンミニバン♪ 自転車積むぞ♪ 趣味は自転車。車に積んで遠出したい。スポーツカーは元々好きだけど、買うことまでは全く考えていない。
ユキ:
運転嫌い。車は小さくて小回りがきくのがいい。ヴィッツラブ。免許はもちろんAT限定。軽自動車と外車以外は、全てトヨタ車だと信じていた。

マーチってトヨタでしょ?

フィットの存在は知らない。エンジン音などもちろん騒音以外の何者でもない。

 

 

◆2009年4月
オデッセイに試乗してみる。

弟:これいい
ユキ:運転しづらい。車大きい。と文句を垂れる。 <下手だからです。

 

 

◆2009年4月
ユキ:
その辺を運転しながら、いい車がないか物色。国道58号線牧港付近を南下中、スカイラインに惚れる。帰って即弟にご報告。
弟:
姉もついにスポーツカーのよさが分かったか!! 姉の気が変わらないうちにディーラー巡りの計画を立てる。

 

 

◆2009年5月
日産にスカイラインを見に行くも、営業さんに相手にされず、しょんぼりして帰る。

 

ユキ:スカイラインがトヨタじゃなかった。

 

日産の帰りに三菱に寄って、ランエボ(エボⅩ)に出会う。MTではなくSST(ツーペダルマニュアル)なのでAT限定免許でも運転できる。

ユキ:
「なんかボンネットに穴開いててかっこいい!!」

もちろんなぜ穴が開いているかは知らない。なんか開けたらかっこいいと思ったんだよきっと。

姉弟でテンション上がるも、高いしスペックオーバーなのでフォルティスラリーアートにすることにする。見た目わりとエボⅩ。かっこいい。ちゃんとボンネットに穴も開いてるから問題ない。

 

 

◆2009年6月
ユキ:
フォルティスお気に入り。ラリーちゃんと呼んで愛でる。沖縄に試乗車がなかったため、東京出張の際関東三菱自動車で試乗までし、ラリーちゃんを買うことを決意する。

 

 

◆2009年6月
関東三菱自動車から「今ならオイル交換で○○サービス!」みたいなDMが届き始める。

姉弟:「ごめん無理」

 

 

◆2009年7月
ひたすら三菱に通う。
スバルにも行って、レガシーなどを試乗してみる。

 

 

◆2009年8月
弟:
「スポーツカーなら、ホンダのタイプRもいいんだよな~。MTだけど」と夢見る。「それにSSTに良さを理解するには、まずMTに乗ってみないとさ~」と更に夢見る。
ユキ:
MT興味なし。

 

 

◆2009年9月
弟:
相変わらず、「タイプRは本物のスポーツカーだし、かっこいいんだよな~」と夢見るも、「ま、MTだから無理だけど」と最初から諦める。
ユキ:
「本物」に反応する。スポーツカーはMTなんじゃないだろうかと血迷い始める。

 

 

◆2009年10月
ユキ:
免許のAT限定を解除することを突然決意し、弟に言ってみる。そして後に引けなくなる。

ホンダにシビックタイプRの情報を聞きに行く。今もお世話になっている営業さんに出会う。でも試乗車も展示車もなくてしょんぼり。

 

 

◆2009年11月
ユキ:教習所に通い始める。

めげる。

 

 

◆2009年11月
ひたすらホンダに通う。
機会があって、シビックタイプR(FD2)に同乗させてもらう。
VTEC初体験。
VTECサウンドかっこいい。
VTECインジケーターが点灯していってテンションがあがる。

 

タイプRを買うことを決意する。

 

ユキ:
「いやでもミニバンも……」という弟を丸め込む。

 

 

◆2009年11月
わたしの部屋、弟の部屋、リビングにFD2のカタログが1冊ずつ置かれる。わたしも弟も1日1回30分くらいひたすら眺めてFD2を愛でる。

ホンダの営業さんに教習所通いがばれる。
営業さんの攻撃が始まる。

あっさり屈する。

 

シビックタイプR契約。

 

ユキ:
でもまだ免許はAT限定。

 

 

◆2009年11月
ユキ:
ようやくAT限定解除。4時間で取れるはずのところを倍の8時間かけて卒業。
S字とクランクでつまづき、教官にほんとに免許を持っているのかと疑われる。
自分の不器用さを思い知る。

 

 

◆2009年12月
ユキ:
納車を楽しみにしながら、ホンダ公式サイト巡りをする。

 

アシモもトヨタじゃなかった。

 

っていうかアシモかわいい。

FD2のカタログはまだまだ見飽きない。毎日眺めて運転するのを妄想。楽しい。

ユキ:
ちびっく(FD2のトミカ)をダッシュボードに載せているブログを見て真似っこすべく、ちびっくを購入。さらに、シフトノブにアシモパペットを被せているブログを見て、これも真似っこすべく某オークションで落札する。

 

 

◆2009年12月
落札したアシモパペットが届く。
ユキ:
パペットのあまりもの2.5頭身っぷりがかわいすぎて、アシモの溺愛が始まる。

ユキ:
東京出張時、ついにアシモに会いに行く。走ったり踊ったりかわいい。記念写真も一緒に撮った。
タイプRキーホルダーやタイプR携帯ストラップなどを購入し、納車を待つ準備は万端。

 

 

◆2009年12月
シビックタイプR納車。
幸せ。

 

 

◆2009年12月~
ユキ:
ひたすらアシモグッズを買い漁るようになる。

以上、アシモにはまるまでをお送りしました。

フィットハイブリッド見てきた

先日、ディーラーにフィットハイブリッドを見てきました。

はい。
見てきただけです。
写真はありません。

だってディーラーには、ハロウィンアシモの写真を撮りに行ったから。
なんか魔女なコスプレをしたアシモが、箒を持って完成形になったらしいのです。

2010101901

かわいい。
きっと閉店後はこの箒で店内を飛び回ってるんだと思います。
しかもものすごいスピードで。
きっとVTECも全開。

だってほら↓
2010101902
ハロウィンアシモの持ってる箒は、HONDA S2000なのです。
そりゃ速いよね!
きっとかっこいい音立てて飛び回ってるよね!

アシモお世話係のスタッフによると、ハリポタのニンバス2000がモチーフだそうです(笑)